東海龍舟(東海ドラゴン)公式サイト  
.MAIN MENU

.今月のドラバカ目次

.WordPress 検索

.

.

2009年9月13日(日曜日)

今月のドラバカ 日本ドラゴン界の草分け、有坂会長登場!

カテゴリー: - mrmasa @ 18時41分36秒

世界大会Japan (21)−6.JPG
プラハの世界大会での激漕!!

日本ドラゴンボート会の草分けで、かついまだに現役バリバリの我が有坂会長!!
七つの海をまたにかけた活躍は、ドラゴン界の数々の伝説となっています。
今日も新たな伝説を作りつつ Ready Go!!


Q1. ドラゴンボートを始めたきっかけとドラゴン歴を教えてください。

今から17年前(1992年)香港赴任時、弊社は香港日本人会・運動部会の幹事を務めていました。当時、香港のドラゴンボートチーム「香港日本龍」は、運動部会管轄の組織であった事もあり、幹事会社としてクラブ員数を増やす為、赴任者にクラブ加入を勧めていました。小生も店長に勧められ練習に参加しましたが、「汚い」「苦しい(香港特有の蒸し暑さの中、車のタイヤ2個を吊るし漕ぎ、乗艇者の半数ずつ向かい合って漕ぐ、綱引き、練習後の筋トレ等練習はハードであった。)」「危険(香港の場合、衛生的にも)」の3Kで、おまけに歳も40歳を少し過ぎていたこともあり、“こりゃとてもついていけないわ”と、即、入部は断ろうと考えましたが、それも何となくシャクだったので、もう1回、もう1回と、根性で練習を続けているうちに、“龍”お嬢の魔性の虜になりました。

クラブ歴としては、「香港日本龍」5年、「東京龍舟」5年、「Wall Street D.C.(ニューヨーク)」<HP有り>3年、「東海龍舟」4年 計17年になります。


Q2. ドラゴンボート大会に参加しての感想は?

大会への参加は、レース中の興奮もさることながら、練習を含む大会に向けたプロセスの面白さとレース終了後の反省会を含めた宴会、と三度楽しめます。


Q3. 東海ドラゴンのイベントの中で楽しかったものは何ですか?感想もお願いします。

これまで参加したイベントは其々特色があって面白いのですが、中で最も印象に残るのは、泊まりがけで出かけた岐阜の「漫画大会(通称)」ですね。前日のラフティングやバンガローでの鉄板焼きパーティーやあるハプニングのオマケ付きもあり、今でも情景がハッキリと思い起こします。

相生のおわん島遠征も良かったですね。


Q4. 東海ドラゴンに入会してよかったと思うことは。

年齢、職業を越えた色んな仲間と知り合いになるというドラゴンボート共通の楽しさ以外に、東海Dはクラブ創立間もない若いチームであり、ゴルフの石川遼の如くどんどん成長しているのが肌で感じられるところがいいですね。


Q5. ご自分のドラバカ度はどれくらいですか?説明を願います。

上述の通り、ドラゴン歴も相当長く、家族や同期の仲間より呆れかえられている事からも
“バカ”を通り越していますね。


Q6. ドラゴンボート以外の趣味、特技はなんですか?

茶道(表千家)、囲碁、謡曲(能楽の謡いで、舞と雅楽はやっていません)をやっていますが、下手の横好きで、特技とは言えませんね。謡曲は、結婚式などで時々やりますが、最近は物珍しさのせいか受けています。
ぶらりと田舎を歩くのも好きですね。

P1020324.jpg


Q7. 学生時代の専門、現在の職業、職歴をお願いします。

外国語学部で、比較言語学と北欧語をやっていました。学生運動が激しい時代で、授業が無い日も多かったですよ。(それをバイトと遊びで過ごした言い訳にしていますが。)

卒業後商社に入り、財務、金融畑を歩みました。現在は、建設会社で管理部門と企画部門(M&Aやプロジェクトファイナンス等事業投資)を担当しています。


Q8. ドラゴン以外のスポーツ経験を教えてください。

色んなスポーツをトライしましたね。すべて中途半端ですが。

―中学時代は、バレーボール(9人制)。

―高校時代は、陸上(長距離)。古い話しですが、バレーボールに6人制が採用され始めた時期で、小生の身長では難しく断念。長距離が少々得意だったので、陸上に入りましたが、ものにならず1年で退部。

―大学時代は、柔道。柔道部にいた同僚と遊び半分で相撲をとったら勝っちゃいまして、入部しました。同僚の勧誘戦略にハマった感あり。身長の割には“内股(いわゆるケンケン内股)”が得意技で、相手が“背負い”を警戒して腰を引いたところに技を掛けました。腰が粘り強かった事もあり、当初は面白いように掛かりました。二段取得。

―ベルギー駐在時代(約30年前)は、乗馬。カミさんが乗馬をやっており、週末、馬場まで車で送って行き、終わるまで待っていましたが、待つのもアホらしくなり、自分も始めました。日本と違って、20分もしたら馬場から出て、いきなり野外でギャロップ(速足)をさせられたのには驚きました。ショックだったのは、ヘルメットが全く似合わなかった事と足が短く、蹴りに苦労した事です。その後、香港でも、ドラゴンとともに、乗馬部にも入りましたが、苦い思い出としては、障害で優勝したものの、馬主から馬の扱いが荒っぽいとクレイムをつけられたことかな。日本に帰国後もやりましたが、馬場まで遠い事と費用がかかり過ぎた為、2年ほどで休会。

長くなりましたが、最後に、ボクシング。香港日本龍にモスキート級・学生5位の仲間がおり、彼曰く、「パドルの引きとボクシングのパンチを打った後の引きの感じが似ている」

とのアドヴァイスがあり、6人位で、九龍のジムに約3カ月通いました。

すばやく打ち(戻し)、溜めて、すばやく引く感覚は大いに勉強になった。余談ながら、今でもボクシングが一番過酷なスポーツだと思っています。ジムでは、シャドウをやったかと思うと、いきなりリングに上げられ、インストラクターへの打ち込み。軽くいなされるのは当然ながら、空打ちもあり、1分もたたないうちに、もう腕が上がらなくなり、ロープにどんどん追い詰められ、打たれる恐怖より、もう楽になりたいとの気持ちで、ロープにもたれかかり、腕をだらり。戦闘意欲は完全に喪失。それでも、3ヶ月後には何とかに3ラウンドはパンチを打ち続ける事が出来るようになった。

ボクシングの試合を見るたびに、その頃の事を思い浮かべ、選手のタフさには感心させられます。


Q9. 今後の夢は何ですか?

先ず、東海ドラゴンが大阪大会で優勝し、世界大会への出場、そして決勝進出を果たす事ですね。今一歩のところまで来ている現状からすれば、小さな夢かも知れませんが。

個人的には、郷里(福井)で教壇に立つ事です。出来れば、女子大又は女子高の。小生は長男ですが、我々の年代では、長男は親元に残るのが常でしたので、小生もそのつもりで

教員の免許は取得しましたが、何故か郷里を飛び出してしまいました。
 


Q10. 最後にご自分のアピールをお願いします。

皆さんより、ほんの少し人生経験(海外経験も)が長いので、その分何かアドヴァイス

等でお役にたてるのではと思っています。



次の今月のドラバカをご指名ください!

今年韓国で行われた世界クラブクルー選手権に日本代表として出場した直美さんにお願いします!


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://tokai-dragon.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/9

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

14 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress



. .